• 会員登録
  • ログイン

飲食店・バイヤーの皆様へ

安全への取り組み

鳥インフルエンザ対策

鳥インフルエンザは、鳥類が鳥インフルエンザウィルスに感染して起こる病気です。

京都養鶏生産組合では、その安全対策として
鶏舎の消毒殺菌、作業衣と作業靴の消毒殺菌など、
様々な取り組みを行っております。

安全管理
インフルエンザウィルスが侵入する経路としては、
1.ウィルスに汚染された器材や器具などを使用した場合
2・人間の衣服、靴などに付着してウィルスが持ち込まれた場合
3.感染した野鳥が鶏舎に入り込んだ場合
が考えられます。
これらの対策として、
*鶏舎の消毒を定期的に行うこと
*作業衣・作業靴をこまめに消毒すること
*ケージを定期的に殺菌すること
などを徹底しております。
■自然環境に即した鶏舎
鶏舎は自然環境に近い状態の中で、高い衛生環境を保持しています。
■作業衣・作業靴の消毒殺菌
スタッフが身に付けている作業衣は、毎日の洗濯を義務づけております。
さらに、鶏舎へ入る度に作業靴を消毒し、万全の体制をとっております。

■ケージの除菌
養鶏用のケージを定期的に洗浄・殺菌消毒しております。

ホコリ・鶏糞は乾燥すると舞いあがりやすくなりますので、定期的にに掃除と消毒を行うことにより、これを抑えています。
■定期的な検査
鶏舎のホコリや鶏糞を定期的に採取し、検査を行っています。
これにより鶏の健康状態のチェックをし、疾病の早期発見・拡大防止に努めています。

ふるさとたまご村 電話番号:0774-55-2717 お問い合わせ時間(10:00〜17:00) 住所:〒610-0120 京都市城陽市寺田奥山 京都養鶏生産組合

毎日更新!たまごのあれこれ発信中たまご村新聞

Q&A

リンク集

上へ移動