お世話になった方へ贈る一品

トップ > ブログ

ブログカレンダー
prev 2011/09 next
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
最新記事
カテゴリー
アーカイブ
イベントカレンダー

prev 2017/11 next

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

27

28

29

30

 ⇒直売店へのアクセスはコチラ


QR

メルマガ

ふるさとたまご村ブログ「京都たまご物語」

2011/09/13 07:27

皆さんこんばんは

黄昏もみじたまごです。

・・・っと、夜が明けてしまいましたね。

『洗卵区な夜』
改め
『洗卵区な明け方』
ですね。


本日ご紹介する機械はこれ



洗卵機です。

スパイラル式汚卵洗浄機で大まかな汚れを落としたたまごの卵殻を

温まったオゾン水の力とブラシで、

徹底的に洗浄消毒!



これがなければ、皆様に安全で衛生的なたまごを提供することは出来ません。

これがなければ、6万個のたまごを皆人力で消毒しなければなりません。

ありがとう洗卵機!

ありがとうオゾン湯!


洗浄消毒が完了したたまごは、そのまま乾燥機へと運ばれていきます。



かっこいいでしょEWD

たまごは水に濡れたままだと、
その水分と一緒に雑菌を取り込んでしまう可能性があるので、
オゾン湯が冷めないうちに、
しっかりと乾燥ブラシでふき取り、
乾燥させなければなりません。



これがなければ

6万個手拭き・・・(>o<)

ありがとう乾燥機!

ありがとう文明の利器!


さて、次回はいよいよたまごのパック詰め工程をご紹介♪

『ひび卵検知器な夜』

お楽しみに!

投稿:黄昏もみじたまご