• 会員登録
  • ログイン

飲食店・バイヤーの皆様へ

ブログ

オススメです!

唐突ですが…

私は炊き込みご飯が好きです(笑)

食べるのはもちろんの事、作るのも好きで、冷蔵庫にあるものを何でもかんでも炊飯器に投入!

あとはポチっとスイッチを押せば出来る、あの手軽さ!

なにかと忙しい主婦の味方!と言っても過言ではないでしょう。

京かしわのもも肉を入れると、いつもの炊き込みご飯がグレードアップ!
いいダシが出ますよ〜

今日は当農場の醗酵けいふんで育てた有機大根が直売所に入荷!
なんとピンピンの立派な葉っぱ付き!

最後の一本を何とか入手して、もちろん、葉っぱは炊き込みご飯に!

炊き上がった後もしゃりしゃりとした食感が残り、まさに絶品!でした。

皆さんも是非一度お試し下さいね!

以上、京たまご(小玉)でした。

毎年恒例の!!!


10月中旬から、毎年恒例の八ヶ岳農業大学から29歳の元阪神赤星に、似たおにいちゃんが1ヶ月の予定で研修にきました。
食鳥も本日から4日間の予定で来ました。見ているとまじめすぎて目の前のことしか見えないのがたまにきず。
ここにいる間は将来の為、確り勉強してほしいとおもいます。


投稿:京かしわ炭火焼

10月の最終イベント


10月30日のイベントでは、地元で評判のケーキ屋さん「ツア・クローネ」さんが、特別に出展していただきました!

わたしのお気に入りは「茶乃月ぷりん」、これは注文してから表面をバーナーで炙るので、表面が「カリッ!」としていました!




10月31日のイベントでは、牛と鶏の「もも焼き」の競演!!

雨にもかかわらず、たくさんの方々に来ていただきました(感謝)

なぜ、養鶏場で牛のもも焼きなのか?

実は今日のもも焼きする牛は農場で1年間飼っていた牛なんです!! 

京都のおからやパンくずなどをはじめ、直売のキャベツやレタスをたくさんみなさんの手でエサやりしてもらって、大きくなりました。

その感謝に対してみなさんと共に試食会をさせて頂きました。

彼女はひと懐っこく、とても、おとなしい娘でした。

しかし、時には、ひと恋しくて、オリから脱走して、みんなで夜中探し回った事も今となれば懐かしい想い出です。

本当に、お客さん達にも従業員達にも愛されていました。

しかし、出会いがあれば…悲しい別れがあります。

それは口蹄疫が宮崎で発症した時の事でした。

このまま飼い続けていいものなのか?

もし、彼女が口蹄疫にかかれば、本業の酪農家や肉牛の農家に迷惑がかかる!

そうなる前に…との思いで、涙をこらえて…(泣) ただ、最期まで彼女の面倒を見よう!と、みんなで決めました!

何が正解かはわかりませんが、みんなで、彼女の最期の供養に参加していただければ本望と考えます。

ふるさとたまご村スタッフ一同。

ふるさとたまご村 電話番号:0774-55-2717 お問い合わせ時間(10:00〜17:00) 住所:〒610-0120 京都市城陽市寺田奥山 京都養鶏生産組合

カレンダー

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最新記事

毎日更新!たまごのあれこれ発信中たまご村新聞

Q&A

リンク集

上へ移動