お世話になった方へ贈る一品

トップ > 京都養鶏生産組合>肥料


  • 京都養鶏生産組合
  • 成鶏
  • GPセンター
  • 食鳥
  • 肥料

  • 安全への取り組み

  • Q&A

  • 研究室

イベントカレンダー

prev 2017/12 next

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

27

28

29

30

31

 ⇒直売店へのアクセスはコチラ


QR

メルマガ

肥料

鶏舎の除ふんによる環境改善と有機肥料としての生産、出荷をしています。




有機肥料は地元等の耕種農家や家庭園芸用として、用途に合わせて幅広くご利用いただいています。

"フロンティア"は2ヶ月間、"ユーキ1号"は3ヶ月間、それぞれ十分に手間をかけて発酵処理をしています。

鶏ふんの粒度別(4〜10mm)、重量別に、1時間あたり180袋を自動袋詰めしています。



【醗酵鶏糞の特徴】

(1)作物の生育に必要な養分がバランス良く適量含まれており、微量要素も豊富に含まれている。なかでも窒素はゆっくり効き、他の養分も作物の生育にあった供給ができる。
(2)土壌中でゆっくり分解が進むため、微生物性を豊かにする。
(3)土壌の団粒構造を進め、物理性の改善をはかる。三相分布といって、土中の気体・液体・固体のうち、気体・液体の相の割合が増えることで保水性が良く、排水性も良い土になり根張りがぐんと良くなる。